言葉の贈りもの

幸運を引寄せるヒント

あなたにある表と裏~光と影~




景色にある表と裏…人も同じ

f:id:hikariuta:20210215045555j:plain
「表と裏」「光と影」


私たちが見ているもの(景色)には表と裏ってありますよね。それは人だって同じです。


見え方や見方によって「表と裏」があったり、そう決めつけてしまっていたり、自分から裏を見ていたり。


人って
「心にある探し物」だったり
ずっと「ひっかかったままの執着」だったり


そういうことが長くなってくると「自分の光はかすんで」くるんです。


人にある「表」が「裏」に…
人にある「光」が「影」に…



自分の光がかすむと、見えている景色も同じようにかすんでしまいます。



あなたは「光」をかすめていませんか。

「表が裏」に「光が影」になるとき


自己コントロールを見失っているときって…光はかすんでいます。
感情のコントロールも同じです。


少しのことで「イライラ」してしまったり
何かに「落ちこんで」しまったり「腹をたてたり」


そういうことってどうしてもあります。



そういうときって

あたにある「表・光」かすんできているとき。


心と体の疲れ


人は疲れていると全てがかすんでしまいます


いつもなら「スルーできる」こと
普段なら「イライラしない」こと

あなたにとって「裏・影」になることに目がいってしまいます。



心の疲れは…体を疲れさせてしまいます。
心と体…感情とつながっているから。


なるべく早く「裏・影」に気づく


誰にもある「表と裏」「光と影」ですが…すぐにコントロールできるかどうかなんです。


光がかすんでくるときって、いつもの自分じゃなくなってきます。
ここですぐに気づけるといいんですが…


イメージで例えると

「イライラ」「執着の強さ」その他にもありますが
そういうときって自分のオーラが濁ってきていると想像してみてください。


それって… 嫌ですよね



なるべく早く「表・光」に戻るには


自分のオーラが濁ってきていると気づけたら


「自分らしくない(影)」から「あなたらしいオーラ(光)」にすぐに戻すように想像してみてください。


あなたの「そのときの一番好きな色(オーラ)」で自分を包み込んでください。イメージするだけでも効果はあります



かすんでいた光が戻ってくると…
体が軽くなってくるのを感じれます。


清々しいすっきりとした気持ちになれています。
あなたにとって必要のないもの(執着)を手放せたときです



【強くなる「裏・影」】

わざと反対のことを言ってしまうなど(似合う色を聞かれてわざと似合わない方の色を言うなど)少し悪意のある言葉


そういうときに出来る「裏・影」は強すぎて元の光に戻りにくくなります。


あなたにあった光が一気に影になっているとき。オーラが一気に濁ります。

あなたの流れが低迷することにつながる「強い陰」になりますよ。


相手を思っての言葉を。


物事にある「表と裏」という「光と影」の景色


私たちが過ごしている景色には「表と裏」という「光と影」が存在します。



あなたが光をかすめなければ同じ景色が見えています。

なので…
あなたにある「光」をかすめないでいてください。



あなたらしい光のなかで。



たくさん読んでいただけて心からありがとうございます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村