言葉の贈りもの

幸運を引寄せるヒント

心とフォーカスするとき~想像以上のしあわせが待っている~



心にフォーカスすると本音を見つける力ができる

f:id:hikariuta:20210722171806p:plain

自分の心にフォーカスするって、振り返りに似ているようにも思えます。


私たちはみんな不思議な魔法をもっていて…常識では考えられないようなことを呼び寄せます。


それは誰だって…です


日常の景色

ふとした瞬間


そんな中にあることにフォーカスしてみることから自分を変えられる。


自分表現
自分の心

一致していますか。


私の感覚になりますので全ての人にあてはまるということではありません。

自由をうけとる

f:id:hikariuta:20210331035557j:plain
自由と自分


自由でいるって

自分がどうありたいか


そこにつながる近道が自由



自由って
孤独感は大きいけれど…


人が自由を求めるとき=違和感があるとき


違和感があるときって
自分(心)と向き合っている瞬間なんです


なので…
自分へ自由をうけとってみてください


自分がこわれてしまわないうちに

大切を手放すことと自由をうけとることは違うということをまちがわないで)


手放す…という意味

f:id:hikariuta:20210722172314p:plain
自然な流れ


あなたにとって…
あなたが…


包み込んでいるもの
包み込まれているもの


いつも何か必ずあるはず


考えたり 無理やり決めつけたり

そうじゃなく
自然と必要と思わなくなる


それが人にある手放し



考えた手放し…
無理やりな手放し…

それって
手放したつもりなだけ


手放しは

無理にすることでも 考えてすることでもなくて…


嘘の手放しは
やらなくてもよくて


意味のある手放しは…
自然な流れにそっていると


やさしくやってくる



それが
本当の手放し



あなたが強くなれたとき
あなたが自分らしくなったとき


生き生きとしたあなたでいるとき



手放しはそんなとき自然にある流れのひとつ

自分にベクトルを向ける

f:id:hikariuta:20210527175833j:plain
自分


自分を守るために
自分を正当化するために

人は
何かのせいにしがちだけれど


そうすることで気持ちが楽になる
そんな錯覚が習慣になってしまうけれど


環境や人にぶれないように



外にばかり向いてしまいがちなベクトルは
簡単だけれど何も変わらない


自分に向けること



少しぐらい損をしたっていい

理不屈だと思えることでさえも
自分へ ベクトルを向ける


その後に
運命って変わることが多い



あなたがもっている素敵さに
自分で気づけるときがやってきます


あなたにある素敵さを受けとるために
待っている人がいることにも気づけます





そして自分にある素敵さを
自分のためにも使えるようになる



自分の時間をたった少し楽しむと

想像以上のしあわせが… 待っています


今…答えの探し方

f:id:hikariuta:20210331035707j:plain
答えの場所

何が正しくて 何かがおかしくて間違っている

その答えって
誰も分かっていないのかもしれないけれど


ただ…
見えていることであっても
見えていないことであっても


あなたが信じれることを信じる


それがあなたにとっての答え


あなたが探している答えは

あなたのすぐそばに


いつもあるということ

f:id:hikariuta:20210404022320j:plain
気づき


そして…今あなたのそばに

いつも笑顔いっぱいの誰かが
いるのであれば


ふとした瞬間に見せる
ちがった表情…

気づいてあげてください



あなたにそういうことがあるのであれば…

気づいてくれている誰かは
必ずいます


そっと手をさしのべてくれていることに

気づいてください


気づける…余裕だけはもっていてください


f:id:hikariuta:20210722171536p:plain
大切なこと


私たちは


与えるばかり…
与えてもらってばかり…

そういうことはありえなくて


与え与えてもらいながら
過ごせています



その心を忘れないこと

大切なこと…

f:id:hikariuta:20210223200055j:plain
楽しませる…


自分を一番分かっていないのが自分なら
自分を楽しませてあげる

そんなあなたで。


たくさん読んでいただけて心からありがとうございます。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村