言葉の贈りもの

幸運を引寄せるヒント

敏感すぎてつらくなるとき~逆を使う~

敏感すぎて生きづらい人

f:id:hikariuta:20210202221523j:plain:w300
多くを受けとめすぎる




敏感すぎて生きづらい…

環境、人、あらゆることへの反応が敏感になってしまうとき。


スピリチュアルだと気・波動とつながると言われているような感覚のときありませんか。


人、環境からの影響をダイレクトに受けとってしまうときなどです。

外的、空間環境に振り回されすぎないような
少しでもリラックス、自然体な「感情、感性」に…


簡単になりますが少しのヒント的なことになっていただければ。



すべての人にあてはまるということではありません。

敏感・繊細すぎることへの理解

f:id:hikariuta:20210202220916j:plain:w300
理解



・繊細で傷つきやすい
・気疲れ
・深く考え込む

・刺激に対しての敏感さ

・人、環境からの負のエネルギーを受ける


他人の感情、音、環境などの苦手なことから「普通では気にもとめないこと」であっても心が傷ついたり病んでしまうんです。

長く続くと体調も崩してしまいます。


ささいなことであっても、そのまま済ませるのではなく…
単なる言葉「気にしすぎ」で片付けない

生きやすい環境を理解しながら整えれるように…
体調をくずしてしまうまで「自分の心の中だけ」で我慢しないように


自分自身と周りとの両方の「心の理解」

とても必要なこと。


逆を使う

f:id:hikariuta:20210202221729j:plain:w300



敏感なときって
人の感情、少しの気持ちや「その場の空気」を読みすぎてしまうことで自分の感情を抑えてこんでしまう


それは人や環境だけでなく、見えない波長からだったりも…


敏感を逆に考えることもひとつです。


負を強く感じてしまうという逆を強くしてみるような感覚です。


敏感に感じるエネルギーを
「正」の方へ

反対のエネルギー「正」を感じれる方へ意識をもっていきませんか。



強く感じてしまう感性があなたにあるということは…
「負」だけでなく「正」も感じれるんです。



敏感な…を「負」だと結び過ぎないように


「負」を感じたとき

f:id:hikariuta:20210202220932j:plain:w300
動くことの大切さ



自然体な自分でいるときに「負」を少しでも感じたなら

「目線を変える」
「自分の周り(身体)の空気を変える」

やってみてください。



目線を高くするです。座っているなら立つなど


空気感を(一瞬で)変える!



そのままでいることだけは避けてくださいね。

窓からの景色、光
少しでもいいので「外の空気」に触れる

5分ほどでもいいので「外を歩く」



「顔を洗うだけでもいい」ので動いてくださいね


f:id:hikariuta:20210202221257j:plain:w300
「正」への敏感さ

「負」ではなく

「正」へ敏感なあなたへ。



たくさん読んでいただけて心からありがとうございます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村