言葉の贈りもの

幸運を引寄せるヒント

「きずな・支えあう心」「やさしさ・思いやり」~阪神・淡路大震災から26年~



2021年1.17「がんばろう」

f:id:hikariuta:20210117191549j:plain:w300
2021年1.17「がんばろう」

2021年、灯篭で作られたメッセージは『がんばろう1.17』


『次の世代へ語り継いでいく』ための「阪神淡路大震災1.17のつどい」「きずな・支えあう心」「やさしさ・思いやり」大切さを。


終了しています
日時=2021年1月16日(土)17時~1月17日(日)20時
場所=中央区東遊園地(神戸市役所南側)

26年目


1995年1月17日 午前5時46分。
数多くの大切なものが奪われた「 阪神淡路大震災」から26年目。


26年目となる今年は、新型コロナウィルス緊急事態宣言下にあるため、追悼行事の縮小、例年と異なるかたちで対策をとりながら、「1・17のつどい」が開かれました。



神戸市民の「震災を経験していない」世代が半数以上となっています。
・若い世代に伝え
・若い世代が語り継ぐ

震災の記憶を後世に…


今年は「来場者の集中」がないよう
「16日から」灯篭にあかりを灯すなどの対策のもと「開催」となりました。



新型コロナウイルス感染拡大防止】
・必ずマスクを着用
・自宅検温を行い、発熱・咳・風邪などの症状がある方は来場を控える
・「接触確認アプリCOCOA」「兵庫県新型コロナ追跡システム」の登録

・献花用切花の配布は行いません。

東遊園地での、ご遺族・市長・議長等の黙とう及び花束献花
市ホームページ:ご遺族・市長による追悼のことば発信



2021年1月17日午前5時46分、阪神淡路大震災の時刻にあわせ東遊園地(神戸市中央区)で黙祷。




1.17希望の灯(あか)り

f:id:hikariuta:20210117191751j:plain:w300
希望の灯り

神戸市役所南側、東遊園地内に2000年1月17日建立。

阪神淡路大震災「奪われたすべての命」「生かされた私たちの思い」「被災した市民のみなさん」精神的なよりどころとなり、毎月17日には、ボランティアのみなさんが自主的に清掃などを行っています。


「1.17希望の灯り」には碑文が刻まれ、「あの震災で亡くなった方々の命と生き残った私たちへのメッセージ」を発信し続けています。


1.17希望の灯り 碑文

f:id:hikariuta:20210117192048j:plain:w300
1.17希望の灯り 碑文


1995年1月17日午前5時46分 阪神・淡路大震災

震災が奪ったもの命 仕事 団欒 街並み 思い出

・・・たった1秒先が予見できない人間の限界・・・


震災が残してくれたもの 
やさしさ 思いやり 絆 仲間
この灯りは
奪われた
すべてのいのちと
生き残った
わたしたちの思いを
むすびつなぐ


瞑想空間

f:id:hikariuta:20210117195122j:plain:w300
妄想空間


慰霊と復興のモニュメントの地下に位置されています。
震災で亡くなられた方のお名前を刻んだ銘板が掲示されている「瞑想空間」です。

そこへの通路には
建設募金にご寄付いただいた方のお名前が掲示されています。


開場時間は午前9時から午後5時までとなっています。


まとめ

f:id:hikariuta:20210117192751j:plain:w300
忘れてはいけないこと


阪神淡路大震災1.17のつどい」東遊園地へ震災からずっと訪れている伯父、伯母がいます。


2年前「希望の灯り分灯」の際に、
私が見たことのない「表情」

伯父の寂しさのような…強さのような…



昨年、仕事関係で「阪神淡路大震災」関連の資料室に入らなければいけなかった際…


鍵を開けてくださった上司が一言
「ここは入りたくない場所…」と


そのときの目は、東遊園地の伯父と重なりました。



それでも… 忘れてはいけないこと。



たくさん読んでいただけて心からありがとうございます。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村