言葉の贈りもの

幸運を引寄せるヒント

立春~おすすめの過ごし方・やってはいけないこと~




立春のおすすめの過ごし方について

f:id:hikariuta:20210115004639j:plain:w300
立春


立春とは、二十四節気の第1の節気「正月節」です。立夏の前日までが「春」となります。2021年の立春は2月3日(水)です。


立春には、おすすめな過ごし方やってはいけないことがあるのをご存知ですか。


スピリチュアルでは、立春を「1年のはじまりへの切り替わり」」「運気の流れの変わり」とされています。


立春の前日には「節分」「大寒の最終日」「土用の最終日」もありますので、簡単にはなりますが少し交えてご紹介させていただきます。


「節分」については別記事でご紹介させていただいています。
前日にある「節分」にしっかりと「浄化」しておくといいですよ



www.hikariuta.com



おすすめな過ごし方

f:id:hikariuta:20210114200421j:plain:w300


・朝日(光)を浴びる
・目標をたてる

・笑顔で過ごす

・衣食住にそれぞれ新しいものをひとつ取り入れる特に良いのは下着です


立春大吉
f:id:hikariuta:20210114200621j:plain:w300
立春大吉


立春大吉」のお札を書いて
門に貼り「春の訪れ」を祝います。


マンションなどの場合は
玄関の室内右側の目線より高い位置に貼るといいですよ。



自作でパワーを活用
左右対称に書くのがポイントです
左右対称の「立春大吉」の文字で鬼(邪気)を混乱させ跳ね除けるそうです。


立春の日、早朝
半紙を縦半分に切って、墨か筆ペンで「立春大吉」と書きます。
・そして3回、息をフッ、フッ、フッ、と吹きかけます
・それを貼ります。


このお札を1年間貼っておきます。
その後は(お札ですので)神社などに納めましょう。



若水
f:id:hikariuta:20210114200520j:plain:w300
若水


年の初め「立春」に、くんだ水を「若水」と言います。昔の方は、この水をまず「神棚」にお供えしその後、食事の支度などに使用したそうです。


若水」で入れたお茶が福茶と呼び、ほうじ茶や煎茶に昆布、小梅を入れたそうです。


福茶については「節分」でも別内容で少しご紹介しています



立春の食べ物


フキノトウ
いよかん
・ポンカン


立春~季節の花~

f:id:hikariuta:20210114200536j:plain:w300
季節の花


・黄梅(オウバイ
福寿草
・椿
・梅


前日にある「大寒の最終日」までの過ごし方

大寒」とは、二十四節気の第24節目・文字どおり1年中で最も寒い時期です。


「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」
一番寒い時期を乗り越えればこれからは暖かくなるという意味です。


・水菜
・小松菜
・金柑
・高野豆腐
・ワカサギ

などの食材が最適です。


新しいものを取り入れる


衣食住に、それぞれ1つは新しいものを用意して使い始めます。


身につけるもの(下着がベスト)
住まいの日用品
食べ物

運気を上げることに繋がるとされています。


やってはいけないこと


【水を使うこと】

立春の日にやってはいけないことは「水を使うこと」

その意味は「運気を流す」と言われています。


開運のために「立春の1日はシャワー・入浴も控える」とされているのですが…


水を使う家事もなるべく回数を減らすといいです。


出来る範囲でやってみてください。



【ネガティブ感情にならないように】

エネルギーの強さは、負の感情にも影響します。

妬み、嫉妬、怒り、陰口、ケンカなどは特に避けましょう。



まとめ

f:id:hikariuta:20210115004710j:plain
自然の恩恵~スタート~


立春は、お正月にたてた目標や計画を見直すのもいいですよ。


1月の元旦に良いスタートを切れなかったという方
お正月からツイてない…


そんな場合は「立春」をスタートと切り替えるといいですよ。


立春にはスタートのエネルギーが満ち溢れています。
この日に新たに始めたことには「支援」の力をもらえます。


自然の恩恵によって願いがかないますように…


笑顔で穏やかに過ごせる1日を。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村