言葉の贈りもの

幸運を引寄せるヒント

春の七草「七草粥」に伝わること~スピリチュアルフード~

春の七草に伝わること

f:id:hikariuta:20210104053907j:plain:w300
春の七草


お正月気分が落ちついた頃に耳にする「七草粥」を皆さん食べる習慣はありますか。

日本に昔からある七草粥には、きちんとした意味があり、栄養豊富な健康食(スピリチャルフード)なんです。

春の七草にある意味を知ってみると「古き良き風習」を取り入れてみたくなりますよ。

五節句のひとつ」人日(じんじつ)1月7日、皆さん七草粥を食べ病気を遠ざけ、邪気を祓ってください。

七草(粥)にある意味


七草には、神仏にかけられた名前がついているのにお気づきでしょうか。

七草粥とは、神仏の恵みです。


七草粥の言い伝えには、古くから「立身出世」を願い食べたとされています。

新春の恵みとされている七草粥には無病息災を祈る「日本に伝わる七草粥」の風習ですよね。


若菜摘み

f:id:hikariuta:20210104055122j:plain:w300
若菜摘み


日本には、「若菜摘み」という風習がありました。
雪の中から芽を出す若菜を摘む風習です

清めの行事とされ「若菜」を食べることで邪気を祓うという意味があります。

元々は、中国から奈良時代に日本に伝わったとされていて、その頃は「春の七草七草粥」ではなく「若菜摘み」という風習だったんです。

七草粥と呼ばれるようになったのは平安時代です。


春の七草

・せり(栄養価が高い)
競り勝つ、整腸作用、高血圧、老化防止

・なずな(なでて汚れを祓うという縁起のよいもの)
邪気を祓う、生活習慣病、利尿作用、便秘

ごぎょう(仏の体を表すもの)
喉(炎症)、むくみ

・はこべら(繁栄がはこびる、とされています)
鎮痛作用、利尿作用、歯槽膿漏

ほとけのざ(仏の座る場)
高血圧、整腸作用

・すずな(神を呼ぶ鈴)
食欲増進、風邪の予防

・すずしろ(汚れのない純白)
冷え性、美肌効果

春の七草をすべて合わすと


春の七草には約12種類にもなる薬膳効果があります。

気管支炎予防
二日酔い
肝臓回復
解熱
咳止め
扁桃腺炎予防
あかぎれ予防
そばかす予防

そして、気持ちが安定するという効果もあります。


1月7日 人日(じんじつ)の日


春の七草を「五節句のひとつ」人日(じんじつ)1月7日に食べる行事が七草粥

1月7日 人日(じんじつ)の日に食べるのは
この日が「人を大切に思う日」だからなんです。

また、1月7日は「昇進を決める日」でもあったことから、立身出世の願いもあります。

まとめ

f:id:hikariuta:20210104054607j:plain
七草粥


古く伝わる風習には、必ず奥深い意味が込められています。
1月7日は「若菜摘み~七草粥」を食べる習慣を…

心身ともに健康な1年となりますように。


たくさん読んでいただけてありがとうございます。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村